ホーム > ツール, プロセスモデリング, BPM, BPMN, BPMN 2.0, 方法論, 標準化 > itp commerce、BPMN 2.0 「メソッド&スタイル」 ウィザードをサポート

itp commerce、BPMN 2.0 「メソッド&スタイル」 ウィザードをサポート

2004年5月16日、BPMN 2.0 モデリングツールのリーディング・ベンダーではあるitp commerceは、Bruce Silver著のBPMN 2.0 実践書「BPMNメソッド&スタイル」に記述されているトップダウン型プロセスモデリング方法論をウィザード形式でナビゲートするプロセスモデラー6 サービス·リリース1を発表しました。

BPMN 2.0 「メソッド&スタイル」 ウィザード

このウィザードは、Bruce Silver氏が同書で提唱している「階層的なトップダウンモデリング」をナビゲートするもので、5ステップのモデリング過程を段階的に進めることで構造化されたプロセスモデルを作成する方法論が学習できるようになっています。

プロセスモデルの可視化を担当するプロセス・デザイナーが業務担当者と一緒に業務のアウトラインをインタビュー形式でまとめ上げる際には、有効なツールになると思います。

ボトムアップモデリングの弊害は、全体観を見失い、細かいことに議論が終始し、まとまりがつかなくなることです。業務の流れの全体観を最初に掴み、徐々に詳細化を考えるトップダウンモデリングは日本人が苦手な手法のようですが、このウィザードを繰り返し活用することにより、何を最初に抑えておくべきかヒアリング/インタビューの勘所が自然に身について行くと思います。

私自身、このウィザードを体験してきましたが、思いつくままにアクティビティを列挙し、下から上にプロセス構造を組み上げて行くより、効率性が良いと感じています。

お興味ある方は、20日間の評価版で是非試してみてください。

「メソッド&スタイル」 ウィザードのステップ

Method_Style1-5

ウイザードを使って完成させたトップレベルのエンド・ツー・エンド・プロセス図

MS_createdModelfull

bpmNEXT 2014セッションビデオ

本年3月に米国で開催されたbpmNEXT 2014で「BPMN 2.0 メソッド&スタイル」の著者、Bruce Sliver氏とProcess Modeler for Visioの開発元itp commerce CEOのStephan Fischli氏との共演でこのウィザードが紹介されています。
以下はその24分間のセッションビデオです。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中