アーカイブ

Archive for 2013年10月

Bonita BPMとActivitiの2製品が2013年ベスト・オープンソースBPMに選ばれる

2013年10月30日 コメントをどうぞ

米国InfoWorld.comのBossie(Best Of Open Source Software) Awardsは、毎年、あらゆる分野のオープンソース・アプリケーションから30製品を選択し表彰しています。

ソース: http://www.infoworld.com/slideshow/119652/bossie-awards-2013-the-best-open-source-applications-226975#slide23

2013年度は、BPMツールでは次の2製品が選定されました。それぞれの選定者のコメントを日本語訳で紹介します。

Bonita BPM
今年は、Bonita BPM6を待っていたかいがあった年です。新しいリリースでは、より高速なサービスベースの実行エンジンとREST APIを装備しています。また、再起動せずに配備プロセスを更新するために、アプリケーションの構成パラメータを抽象化できるようにもなりました。ユーザーポータルのしゃれたデザイン変更は、アクセシビリティを向上させ、モバイル端末を含めたミックス操作環境を可能にします。

Bonita BPM Studioは、電子フォームの編集とプロセスモデリングがさらに簡単になっており、新リリースでは、並行処理フローがBPMN2.0仕様に準拠し期待どおりに機能します。サブタスク(Case Management機能)およびエラー管理などの、より高度な機能は、有償サブスクリプションが必要です。アクティビティの監視とビジネスルール管理は、より強力になるかもしれませんが、頻繁な製品アップデートと信頼できるコネクタの品揃えが、BonitaをオープンソースBPM市場のベスト製品にさせています。

— James R. Borck

ソース: http://www.infoworld.com/slideshow/119652/bossie-awards-2013-the-best-open-source-applications-226975#slide24

Activiti
Activiti は、Alfresco社とピボタルのSpringSourceの部門によって資金供給され独立したプロジェクトです。ネイティブなBPMN2.0の実行エンジンと自由主義のApacheライセンスを装備しています。Activitiは、2010年に白紙の状態からBPMエンジンを開発するプロジェクトとして立ち上がりました。 元Red HatのjBPM開発責任者に導かれ、再開発したプロセスエンジンは、有償BPMの実装に見られる多くの機能が組み込まれており、Liferay Portal、Mule ESB、およびSpringなど、そうそうたるオープンソース・プラグインが含まれています。システムにはフォーム、ヒューマンワークフローのモデラー、LDAPの統合、およびREST APIなどの必要機能のほとんどが含まれています。

— Steven Nuñez

ソース: http://www.infoworld.com/slideshow/119652/bossie-awards-2013-the-best-open-source-applications-226975#slide23

すぐに理解できるBPMN 2.0プロセス間連携の実行可能プロセス・サンプル

2013年10月27日 コメントをどうぞ

「BPMNメソッド&スタイル」日本語版は発売以来、好調な出荷を記録しており、日本においてもBPMN 2.0への関心が高まりつつあるようです。

さて、今回は読者の皆様のために、BPMN 2.0のコールアクティビティ、メッセージイベントを使用して複数のプロセスをどのように連携するのか、具体的な事例を通してその振る舞いとBPMSへの実装詳細仕様を理解できる実行可能プロセスを3例、紹介します。

この3つのサンプル・ダイアグラムは、Bonita BPMで設計・開発したプロセスです。このサンプルをダウンロードして、利用者がそのプロセスをどのように実装設計し、どのようにオペレーションし、プロセスの作業進捗を管理するのか、開発からオペレーションまでをご自身のPCで実際に体感できます。Bonita BPMとサンプル・プロセスのインストールとセットアップは簡単です。10分以内で完了するでしょう。ストレスなく体感するには、できれば64ビットのWidows7環境がお勧めです。このサンプルプロセスは、可読性を高めるため、ラベル、プロセス変数、Javaオブジェクトなどの名前の大半を日本語にしています。ユーザーインタフェースは英語ですが、プロセス内容は日本語ですから容易に理解できると思います。

サンプル・プロセス図、その1例
出張申請プロセス

セットアップ手順
ステップ1.  Bonita BPM サンプル・プロセスのインストールと解説 にしたがって、インストールします。
ステップ2. サンプル・プロセスを開き(そしてプールをクリック)、実行ボタンを押して、プロセスを実行してみます。
ステップ3. ダイアグラム内のプロセス詳細定義(詳細仕様)を開いて、どの程度の定義で実行可能になるのか見てみましょう。

それぞれのプロセスは、次の異なる連携パターンをモデル化しています。Bonita BPMは1つのダイアグラム内に複数のプロセス(プール)を設計・定義できる特徴を持っており、理解しやすいと思います。

  1.  出張申請: コールアクティビティの使用による同期オペレーション。Bonitaではサブプロセスを独立したグローバル・プロセスとして扱います。
  2. 新規社員の配属: メッセージの使用によるプロセス並行オペレーション
  3. 調達: メッセージの使用による非同期オペレーション