ホーム > ツール, ベンダー動向, BPM, BPMN 2.0 > Ovumの2011年BPMS製品評価

Ovumの2011年BPMS製品評価

本ブログの読者には、BPMS製品の評価に関心が方が多いので、半年遅れの情報であるが英国に本社を置く総合市場分析企業であるオーバム (OVUM) の「Ovum Decision Matrix Report 2011」を紹介したい。 同社はデータモニター (Datamonitor) のICTに特化したリサーチ、アドバイザリ、コンサルティングの事業会社である。

下図は、Ovum Decision Matrix Report 2011のGooglel検索結果から摘出した製品評価マップである。

image

各ベンダーは自社製品のPRに本評価を利用しているが、2011年12月のレポートであるため、必ずしも各ベンダーの現時点の製品機能を反映しているわけではない。

1年前の同社の評価マップと比較してみると

  1. AuaPotal、Newgen Software、Active Endpoints、BMC、オープンソースのBonitaSoftなどの新興勢力が急浮上している
  2. Metastorm、Intalioなどの古手が消えている

各社BPMN 2.0仕様の製品実装に力を入れており、向こう半年後の勢力地図も、また大きく変化すると予想される。

ご参考まで!

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中