ホーム > ツール, プロセスモデリング, ベンダー動向, BPMN 2.0 > オープンソースBPM Bonita、日本語対応版を初リリース

オープンソースBPM Bonita、日本語対応版を初リリース

2014年5月現在、Bonitasoft製品の日本国内で販売・サポート体制が確立しており、およびWebサイトも立ち上がっています。日本語最新バージョン6.3をトライアルされる方は、

http://www.ossbpm-japan.comにアクセスしてださい。

本記事およびコメントにある過去にリンクは閉鎖します。

最新バージョン6.3は、完全な日本語処理をサポートします。

 

<過去の記事>

7月24日、初の日本語対応版であるBonita Open Solution (BOS) Version 5.7.2のダウンロードが可能となりました。

BonitaSoft ホームページ:http://www.bonitasoft.com/ からダウンロードできます。

日本語翻訳は、私がボランティアで4月から着手していました。Version 5.7.2は日本語版としては初版であり、今後もバージョンアップの都度、洗練していく予定です。

体験していただくことで、このソフトウエアの軽量さ、高機能性、使いやすさに驚かれると思います。

今後、1ヶ月以内にBonita Japanコニュニティ・サイトを立ちあげ、同ソフトウエアの情報発信をしていく予定です。 (2013年秋には、BonitaSoft Japanの日本語Webサイトが立ち上がる見通しのため、この当初の計画は中止します。)

まずは、お知らせまで!

広告
  1. 2012年11月25日17:14

    バージョン5.9が11月20日からダウンロード可能になりました。
    ユーザーインターフェイスの日本語翻訳は、この5.9版でやっと最新の翻訳リソースが反映されており、特に問題はありません。

    Bonita Japanコニュニティ・サイトを立ちあげは、次期バージョン6.0のリリースまで延期にします。
    以前から日本語のプロセス変数、オブジェクト名のサポートを開発チームに依頼しており、次期バージョン6.0で、やっとその希望が叶えられそうです。では6.0のリリース時期はいつでしょう?2013年春を期待していますが、その時期は不明です。

  2. 2013年7月4日16:14

    最近、Bonitaの日本語版に関する当サイトのアクセスが多くなりましたので、コメントします。

    日本語UI版でトライアルしたい方には、5.10版がオススメです。正式サイトでは旧版情報がクローズされておりますので、下記からダウンロードできます。

    ダウンロード:
    その他の情報源:

    ただし、プロセス名(プール名)、タスク名、フォーム名、変数名のネーミングは英語を使用します。

    最新版の6.0版は、UIの日本語化は未だ完了していませんが、プロセス名(プール名)、タスク名、フォーム名、変数名のネーミングは日本語を使用可能です。

    なお、1つのPCに両方のリリースが併存可能です。

  3. 2013年8月31日12:13

    Bonita BPM 6の日本語翻訳の進捗状況をお知らせします。
    先週、8/27にUIリソースの翻訳が完了しました。これからこのリソースをプロダクトに組み込み校正が始まります。完全な日本語版の正式リリースはBPM 6.1になる予定です。リリース時期は、早くて9月末、遅くて11月末になると予想しています。

  4. 2013年11月8日07:58

    Bonita BPM 6の日本語翻訳の進捗状況をお知らせします。
    今週、11/5に日本語翻訳が組み込まれたBonita BPM 6.1.0がリリースされました。

    ダウンロード:Windows 64ビット版:

    しかし、残念なことに、開発環境であるBPM Studioは日本語を選択できますが、ユーザーの利用環境であるBPM Portalには組み込まれていません。
    なお、次の回避策を実行することにより、BPM Portalも日本語UIで使用できます。

    1. 次のURLからportal_ja.poをダウンロードします。
    2. ダウンロードしたportal_ja.poを次のフォルダに配置します。
    3. ポータルを起動し言語を日本語に選定すると日本語が選択できます。

    Bonita BPM 6.1.0の日本語サポートは未だ不完全な状態です。数週間後のパッチ・リリースでこの問題は解消される予定です。

  5. 2014年5月22日15:36

    2014年5月現在、Bonota製品の日本国内で販売・サポート体制が確立しており、およびWebサイトも立ち上がっています。最新バージョン6.3をトライアルされる方は、

    http://www.ossbpm-japan.comにアクセスしてださい。

    本記事およびコメントにある過去にリンクは閉鎖します。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中