ホーム > プロセスモデリング, ベンダー動向, BPM, BPMN, SOA, XPDL > Oracle BPM Suite 11g パッチリリースが半年ぶりに公開された

Oracle BPM Suite 11g パッチリリースが半年ぶりに公開された

2011年1月14日、Oracle BPM Suite 11g パッチリリース(11.1.1.4)が公開された。昨年6月に公開された11gの初版(11.1.1.3)から半年ぶりの改訂版リリースである。

今回の改善では、下図のようにVisioおよびXPDL 2.0で作成したプロセス図をBPMN 2.0形式に変換してインポートできる機能も追加されている。

また、イマイチであったフォーム生成機能が改善され、フォーム生成用のテンプレートをユーザーが事前に作成できるようになっている。

ダウンロードが必要なソフトウエア/プロダクトは次のとおり。

1. Oracle WebLogic Server + Coherence – Package Installer 10.3.4 Size: 796 MB

2. Repository Creation Utility 11.1.1.4.0 Size: 308 MB

3. JDeveloper 11.1.1.4.0 Size: 1.24 GB

4. SOA Extension for JDeveloper 11.1.1.4.0 Size: ~200 MB

5. BPM Extension for JDeveloper 11.1.1.4.0 Size: ~55 MB

6. SOA Suite 11.1.1.4.0 Size: 3.5GB

7. Tutor Business Process Converter Size: 15MB

詳しくは、BPM Suite 11gR1 PS3 Releasedを参照されたし。

広告
  1. 2011年11月17日09:29

    2011年11月現在、11.1.1.5.0が最新です。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中