アーカイブ

Archive for 2010年7月

SI事業者のBPM事業展開を考える

2010年7月1日 コメントをどうぞ

先日、日本BPM協会主催で第1期SI事業者向けBPM実践ワークショップを実施した。
土曜日連続3回の開催にも関わらず、SI事業者、情報子会社から9社17名が参加。
アンケートの総評は「大変良かった79%、良かった21%」と概ね好評で参加社の今後の事業モデル改革の一助になったようだ。

特に、初日の講師にお招きしたJBSソリューションズ(株)BPM事業部 取締役 人見正徳様の「BPM事業モデル事例紹介」のお話は、BPMが事業として成立するための有益なヒントが示唆され、参加社から次の感想が寄せられた。

  • BPM事業の課題の気づきが出来た。
  • BPMが国内で事業として成功するということがわかって、大変有益だった。
  • 非請負型のビジネスへどう移行するかということで、力点の置き方に共感できました。
  • 経営層からのアクセス「顧客プロマネ」の立場でプロジェクトを推進するというビジネスモデルは非常に有効と思いました。
  • BPMをお客にどう訴求するかというテーマがタイムリーで良かったです。ディスカッションも非常に活発に行われていて良かったと思います。

 

最終日は、「請負業からの脱却」、「今後のSI事業者の方向性」について盛んなディスカッションが行われ、次の感想が寄せられた。

  • 自分のこれまで考えてきた事とセミナーの内容がきちんと整理出来た事がとても良かった。立場の違う人の意見を聞けることが重要だと思う。
  • ディスカッション形式で皆様のお考えになっていることがとても参考になりました。

 

ディスカッションを通じて参加社全員一致の結論は出ていないが、下図の右端マップに示す「①業種特化型BPM導入/構築サービス」と「②SOAベース・システムインテグレーション・サービス」の両輪で顧客に業務分析、設計、実装まで一貫してサービス提供できるBPM事業モデルが理想であるとの意見が大多数であった。

image

 

次回の「第2期SI事業者向けBPM実践ワークショップ」は、9月を予定している。

広告
カテゴリー:BPM, SOA