ホーム > プロセスモデリング, BPM > あのKeith Swenson氏が自著「Adaptive Case Management」のPRのために急遽来日

あのKeith Swenson氏が自著「Adaptive Case Management」のPRのために急遽来日

以前、当プログで「富士通Interstage BPM StudioのBPMNサポートとXPDLを活用したBPMNビジネスプロセスモデル相互交換」と題し紹介した記事でFujitsu AmericaのKeith Swenson氏(http://kswenson.wordpress.com)を紹介した。彼は現在、これまでのBPM技術では難しいUnstructure Process (事前定義できないビジネスプロセス)のBPM適用について製品開発・マーケッティングの両面で活躍しており、富士通Interstage BPM製品に自身の考え方をナレッジワーカー向けのダイナミックBPMと呼ぶソリューションとして具現化している。

今回、自身の考えをMastering the Unpredictable with Adaptive Case Management (私勝手な日本語訳:「ケースマネージメントで予測できない事態を克服する」)という本にまとめたので、来日の折り日本の方々に紹介したとの連絡があった。来週の金曜と差し迫ったスケジュールですが、ケースマネージメントについて知りたい方は是非エントリーください。

スケジュール:

日時:2010年7月2日 9:3011:30
参加料: 無料

定員:35 人(先着順のため早めのエントリーを!)
会場:イタリアンバール Befana – 新横浜 (神奈川県 横浜市港北区 新横浜1-4-8)

参加申し込み: “Mastering the Unpredictable” presentation by Keith Swensonさん (BPMinna) : ATND

「場所はイタリアンレストランなので、よろしければプレゼンの後に一緒にランチを食べましょう。」とのこと。

ケースマネージメントとは?

ケースマネージメントは、業界では未だ明確な定義がされていない状況で、一般的には次のような言い方で呼ばれている。最近、BPMツールベンダーも「CASE MANAGEMENT」のサポートを次世代BPMの機能要件として言い始めている。

  1. Case Management  (ケースマネージメント)
  2. Dynamic BPM (動的プロセス)
  3. Unpredictable Process Support  (予測不能なプロセスのサポート)
  4. Impromptu Process Support  (即興的、場当たり的プロセスのサポート)
  5. ガートナーの定義 “Unstructured BPM”  (非構造のBPM)

分かりやく言えば、下図③のように事前に形式化(画一的に定義)できない不安定なビジネスプロセスを取り扱い、事案(ケース)の解決実行記録(どんな命題を、どんな人が、どんな方法で、どのくらいの時間で解決したか)をナレッジとして蓄積し、新たな事案対応をより円滑に行う仕組みである。製品開発、研究活動、事故対応など事案ごとに問題解決プロセスが異なり、プロセスが変化する業務に必要な仕組みで、ナレッジワーカーの創造的活動はこの領域に該当する。

image

広告
カテゴリー:プロセスモデリング, BPM
  1. hirota
    2010年6月24日09:37

    こんにちは、日本BPM協会でお世話になってますhirotaです。
    いつもタイムリーな情報をありがとうございます。

    CaseManagementは以前から興味を持っていました。日本ではなじみないですよね。
    BPMでカバーできない領域をCaseManagementでカバーできないかなと思っています。
    参加させていただこうと思ってます(今から登録しに行きます)

    • 2010年6月24日09:47

      hirota さん、
      CASE MANAGEMENTの考え方が広く知られ、BPMはオペレーショナル管理しか使えないという印象を拭いたいです。

  2. たけちゃん
    2010年6月25日02:00

    こんにちは。日本BPM協会でお世話になっているたけちゃんです。
    こんなイベントがあるとは・・。私の中ではまだ、モデルとマネージメントがつながっていなくて。面白そうなイベントですね。

    • 2010年6月25日07:35

      たけちゃん、こんにちは!
      このイベントは、BPM技術に興味ある同志が会社の枠を越え一同に会する動きになったようですね。特に女性のプロセス指向エンジニアの参加は大歓迎です。

  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中