ホーム > プロセスモデリング, ベンダー動向, BPM, BPMN > やっと出た国産BPM on demand! クエステトラBPMS SaaS版

やっと出た国産BPM on demand! クエステトラBPMS SaaS版

本日、クエステトラからクラウドベースのBPMS新版の発売開始アナウンスがあった。

5ユーザまで無料で利用可能だそうで、スモールスタートでBPM概念を検証・導入検討する企業には朗報だ。

先週、日本BPM協会主催の「第1期SI事業者向けBPM実践ワークショップ 」でBPMの設計・開発・実行の基本的流れを理解するため、このクエステトラBPM Suite SaaS版を参加者20名の演習に使わせていただいた。ログイン・アカウントを頂いてからおおよそ3時間で演習用のビジネスプロセス図の作成、データ項目の定義、実行の検証、演習参加者のユーザー設定が完了し、on demandの素晴らしさを体感した。

クエステトラは、「人にやさしい」、「マニュアルはほとんど見なくていい」、「超簡単」など、国産ツールならではの使用感たっだ。軽量ツールではあるがBPM概念の基本をちゃんと押さえており、好印象だ。

クエステトラの利用価値のひとつに、「現場業務担当者を巻き込み、机上で設計したビジネスプロセスを現場業務の流れに沿って、各役割担当者が具体的なデータを操作して短時間でプロセス検証できる」点があげられる。つまり、プロセス設計案を実行可能なプロセスモデルとしてビジュアルにウォークスルーできるのだ。欧米のBPMプロジェクトではプロセスのシナリオ検証手段としてこのウォークスルー手法が使われている。

ビジネスプロセス図は作成できたとしても、実行(execution)までの道のりにはデータ項目定義、ユーザーインターフェイス設計など多くの詳細設計作業が控えている。しかし、クエステトラの仕様定義要素は極めてシンプルなので、ビジネスプロセス設計案が確定してさえいれば、下図のような少ないステップで詳細設計仕様が確定できる。

image

ビジネスプロセスのプロトタイピング程度なら無償で行えるので、ユーザー企業、開発パートナー双方にとってかなり魅力的だ。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中