ホーム > プロセスモデリング, BPM, BPMN, SOA > あのBruce Silverも認めたOracle BPM Suite 11gR1

あのBruce Silverも認めたOracle BPM Suite 11gR1

BPMS Watchの5月27日記事、BPMN Level 3 Method and Style – First Thoughts « BPMS WatchでBruce SilverもBPMNのLevel3をサポートできるツールはOracle BPM Suite 11gR1であると述べている。Level3をサポートできるBPMSがこれまで存在していなかったため、彼のBPMNトレーニングコースは上流のモデリングフェーズ(Level1,Level2)の実践に留まっていた。BPMNベースの実行可能プロセスモデリングをサポートできるOracle BPM Suite 11gR1の登場によって、Level3モデリングが仮説的な理論ではなく具体的なツールを使って実証できるようになった。同氏は同ツールを参考にITへのプロセス実装に向けたLevel3のコース開発も行うようだ。

Levels 1 and 2 deal with shapes and symbols in the diagram.  Level 3 deals with stuff you don’t see, XML underneath the activities, gateways, and events that make them executable on a BPMN engine: things like variables, messages, data mappings, and condition expressions.   I talked a bit about it in the book, but just a little because no tools for Level 3 BPMN existed.  But now one does…  Oracle BPM11gR1.

I’ve spent a few days with Oracle BPM11gR1, and it’s got my juices going about developing some Level 3 training.  Since the hard part of my training approach has been getting “method and style” alignment between Level 1 and Level 2, I was interested to see if Level 3 could be aligned with them as well.  A Level 2 diagram that can be shared effectively by business and IT should ideally work as the starting point for Level 3, but I wasn’t sure if it would.  The answer probably varies from one BPMS to the next, but my first impression is that with Oracle, it does!

BPMNの3層設計アプローチとは?

下図は、私が日揮情報ソフトウエアに在職中の2005年に提唱したBPMNの3階層モデルである。私もBruce Silverと同意見で、Oracle BPM Suite 11gR1のビジネスプロセスモデリング環境(BPM Studio)をざっくり触ったところ、Level2, Level3に適用可能な印象を得た。私も同ツールを使って実行可能プロセスのモデリング研究に着手したばかりだ。

BPMNの3階層モデル

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中