アーカイブ

Archive for 2010年5月

あのBruce Silverも認めたOracle BPM Suite 11gR1

2010年5月31日 コメントをどうぞ

BPMS Watchの5月27日記事、BPMN Level 3 Method and Style – First Thoughts « BPMS WatchでBruce SilverもBPMNのLevel3をサポートできるツールはOracle BPM Suite 11gR1であると述べている。Level3をサポートできるBPMSがこれまで存在していなかったため、彼のBPMNトレーニングコースは上流のモデリングフェーズ(Level1,Level2)の実践に留まっていた。BPMNベースの実行可能プロセスモデリングをサポートできるOracle BPM Suite 11gR1の登場によって、Level3モデリングが仮説的な理論ではなく具体的なツールを使って実証できるようになった。同氏は同ツールを参考にITへのプロセス実装に向けたLevel3のコース開発も行うようだ。

Levels 1 and 2 deal with shapes and symbols in the diagram.  Level 3 deals with stuff you don’t see, XML underneath the activities, gateways, and events that make them executable on a BPMN engine: things like variables, messages, data mappings, and condition expressions.   I talked a bit about it in the book, but just a little because no tools for Level 3 BPMN existed.  But now one does…  Oracle BPM11gR1.

I’ve spent a few days with Oracle BPM11gR1, and it’s got my juices going about developing some Level 3 training.  Since the hard part of my training approach has been getting “method and style” alignment between Level 1 and Level 2, I was interested to see if Level 3 could be aligned with them as well.  A Level 2 diagram that can be shared effectively by business and IT should ideally work as the starting point for Level 3, but I wasn’t sure if it would.  The answer probably varies from one BPMS to the next, but my first impression is that with Oracle, it does!

BPMNの3層設計アプローチとは?

下図は、私が日揮情報ソフトウエアに在職中の2005年に提唱したBPMNの3階層モデルである。私もBruce Silverと同意見で、Oracle BPM Suite 11gR1のビジネスプロセスモデリング環境(BPM Studio)をざっくり触ったところ、Level2, Level3に適用可能な印象を得た。私も同ツールを使って実行可能プロセスのモデリング研究に着手したばかりだ。

BPMNの3階層モデル

広告

BPMN 2.0を忠実にサポートするOracle BPM Suite 11g

2010年5月18日 3件のコメント

今年の6月~7月にリリースされる予定のOracle BPM Suite 11gのテクニカル・ドキュメントがOracleのWebサイト Oracle Fusion Middleware Documentation Library に公開されていた。このページの中段にある「ORACLE BUSINESS PROCESS MANAGEMNET SUITE」には、インストールガイド、モデリングと実装ガイド、管理者ガイド、デプロイガイドなど、ひと通りのドキュメントが揃っており、製品の機能と特徴を知るうえで非常に参考になる。Oracleは製品のリリースに先立ってドキュメントを公開しており、ミドルウェア市場へのオラクルの積極性が感じられる。

そこで、このサイトのModeling and Implementation Guide を参考に「BPMNを使ってどこまで実行可能プロセスモデルを作成できるか?」探ってみた。特に Modeling Business Processes with Oracle BPM のページは「BPMNを使ったOracle BPMのビジネスプロセスモデリングの能力」を知るうえで豊富な情報が記載されている。

ドキュメントベースの個人的評価であるが、Oracle BPM Suite 11gは、BPMN 2.0に最も準拠した最先端のBPMスイートと言えるだろう。

特筆すべき点は、イベントタイプの豊富さだ。BPMN 2.0ではプロセスの開始イベント、中間イベント、終了イベントが強化されているがOracle BPM Suite 11gでもその最新仕様をサポートしており、BPELへの変換を必要とせず、BPMNからプロセスエンジンを直接駆動できる点で他のBPMSベンダー製品を圧倒している。

<特筆すべき一例>

1. タスクタイプ・アイコンのBPMN 2.0 準拠

BPMN 2.0でタスクタイプの標準アイコンが仕様に定義された。Oracle BPM Suite 11gでは、ほぼこの標準に準拠しビジネスプロセスを定義できるので視認性が良く、わかりやすい。

タスクタイプ・アイコン比較

2. シグナル開始イベントのサポート

BPMN 1.2 のシグナル開始イベントシグナル・イベント がサポートされている。このイベントで開始するプロセスは、他のプロセスやサービスから投げられたブロードキャスト信号(シグナル)をキャッチしたとき、自身のプロセスを開始する。このシグナルイベントを利用すれば、ある特定のプロセスからシグナルを投げ、他のプロセス(複数も可)を起動させたり、複数プロセスの連鎖的な実行が可能になる。

シグナル

6.2.4 Introduction to the Signal Start Event

The signal start event is similar to a message start event in that it is based on communication from another process or service. However, the message start event responds to a message sent to a specific process. In contrast, the signal start event is a response to a signal broadcast to multiple processes.

Signals can be broadcast from a BPMN process using the signal throw event. Using a combination of signal throw and signal start events, you can invoke multiple processes simultaneously.

The signal start and throw events are generally added to a process by process developers. For information on implementing the signal throw event, see “Introduction to Communicating Between Processes Using Signal Events” in the Oracle Fusion Middleware Modeling and Implementation Guide for Oracle Business Process Management.

 シグナル2

3. イベントベースゲートウェイのサポート

BPMN 1.2 のイベントベースゲートウェイイベント・ゲートウェイ がサポートされている。このゲートウェイは、複数の中間イベントを束ね、そのイベントの中で最も早く発生したイベントに制御を移すことができる。たとえば、下図の例では、「顧客に回答依頼のメッセージを送信後、1週間以内に回答が返信があれば、その回答を分析し、1週間経っても回答がなければ、再度顧客へ回答を督促する。回答待ちの間、他のプロセスからキャンセルのシグナルが発信されたら、即刻プロセスを終了する」といった複雑な条件を定義できるのである。BPELに変換すれば、このプロセスパターンは実装可能であるが、BPMN定義から直接、コードレスでプロセスに実装できるとは(未だ検証はしていないが)喜ばしい。

イベントベースゲートウェイ

6.7.6 Introduction to the Event Based Gateway

The even based gateway enables you to branch your process flow based on the possibility that an event may occur. In contexts, this may be one of several types of events. The event based gateway enables you to anticipate the possibility that several types of events may occur at a specific point in your process.

The event based gateway is different than other gateways in that decisions about process flow are based on an event rather than data-specific conditions.

The event based gateway is composed of the following:

  • The event based gateway
  • Two or more target events. These can be of the following types:
    • Message catch events
    • Signal catch events
    • Timer catch events
    • Receive tasks

4. 割り込み非中断イベント(Non-Interrrupting Event)のサポート

BPMN2.0では下図の赤枠で囲ったイベントが追加されているが、Oracle BPM Suite 11gではその一部をサポートしているようだ。
Figure 17-5には割り込み非中断(Non-Interrrupting)のタイマーイベントの例が説明されている。この例では、タイマーイベントが起動した場合、2つのルートが並行して実行される。このようなプロセスパターンは、BPMN. 1.2までは表記できなかったし、実装できるBPMSは存在しなかった。

No-Interrupting2

17.6 Running Additional Activities

While running an activity or a process you can run additional activities based on a time condition. You can choose to trigger the additional activities periodically or on a certain date.

Typically you run additional activities when the activity you are currently running takes a long time to finish. For example, if you run a service that takes twenty hours to update a database, then you might want to send an e-mail to inform progress of the update to the interested parties.

The timer event is only active while the token remains in the activity.

You can also run additional activities while a process is running. These activities run in parallel to the main process flow.

Figure 17-5 Running Additional Activities While an Activity is Running

No-Interrupting

ブログの移設を完了しました。

2010年5月17日 コメントをどうぞ

私こと岩田アキラは、BPMに専念するため4月1日より「岩田研究所」として独立開業いたしました。今後は、「ITをビジネスに活かす」ビジネス・テクノロジー(BT)にフォーカスし、ニュートラルな立場で情報発信して参りますので、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

なお、当ブログは個人Webサイトとして運営します。日揮情報ソフトウエアおよび日揮情報システム時代の過去のアーカイブも当ブログに移設致しました。

新サイトのURLは、http://biz-tech-services.com です。

カテゴリー:未分類

SI事業者向けBPM実践ワークショップ

2010年5月17日 コメントをどうぞ

2010年6月5日(土)12日(土)19日(土)、 “SIer、IT子会社は、BPM事業化をどう進めるか?”をテーマに日本BPM協会で「第1期 SI事業者向けBPM実践ワークショップ(3回シリーズ)」を開催します。

カテゴリー:BPM