ホーム > BPM, SOA > ガートナー、2010年以降の5つのBPM変化予測を公開

ガートナー、2010年以降の5つのBPM変化予測を公開

ガートナーは2010年1月13日のニュースリリースで Gartner Reveals Five Business Process Management Predictions for 2010 and Beyond を公開した。

BPMに関する5つの変化予測とは、

  1. 2012年までに
    企業が直面する20%のプロセスは、BPM技術の支援を受けながら、ナレッジワーカー自身が彼らの要求と好みに応じジャストインタイムでそのプロセスを自己変更できるようになるだろう。
  2. 2013年までに
    ダイナミック BPM の導入は、増大するカオス的業務プロセスに効率を求める企業の緊急命題になるだろう。
  3. 2014年までに
    サービスの組立生産スタイルは、これまでのソフトウエア開発スタイルにないより強力な価値を提供するだろう。
  4. 2014年までに
    ビジネスプロセスネットワーク (BPN) が新しい企業間プロセス統合プロジェクトの35%で実証されるだろう。
  5. 2014年までに
    グローバル2000企業のビジネス管理者、ナレッジワーカーの40%が広範囲に可視化されたビジネスプロセスモデルを日々の作業で使うだろう。2009年は6%に過ぎなかった。

1と2は、昨年から市場投入されつつあるダイナミックBPM技術の台頭を受けて、その実用期を予測している。3は、SOAの新技術であるSCAに基づくサービス部品組立、設計方式の市場浸透時期を予測したものだ。4は、流通、石油化学、建設など業界毎に進めている電子商取引メッセージの標準化が進展しBPMと連携される時期らしい。

広告
カテゴリー:BPM, SOA
  1. まだコメントはありません。
  1. 2011年11月13日22:17

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中