ホーム > プロセスモデリング, ベンダー動向, BPM, BPMN, XPDL > XPDLを使ったBPMNモデル可搬性適合製品に富士通Interstage BPMとITP Process Modelerが認定される

XPDLを使ったBPMNモデル可搬性適合製品に富士通Interstage BPMとITP Process Modelerが認定される

WfMCのBPMNモデル可搬性に関する製品テスト作業部会は、「XPDLを使ったBPMNモデル可搬性」について12製品に及ぶビジネスプロセスモデリングおよびBPMS(BuninessProcess Management Suite)をテスト検証した結果、富士通Interstage BPM、ITP ProcessModeler、eClarus の3製品を適合製品として初認定したそうです。

詳細→

3月25日ニュース:「WfMCがBPMNモデル可搬性検証結果を発表」

http://www.prweb.com/releases/2009/03/prweb2260394.htm

富士通Interstage BPM と ITP Process Modelerの認定は、当ブログで紹介した「富士通InterstageBPM StudioのBPMNサポートとXPDLを活用したBPMNビジネスプロセスモデル相互交換」の開発成果であり、日本での活動が認められたと考えています。

岩田

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中