ホーム > BPM > 市場低迷下でも「業務の可視化・改善サイクル」が好業績を産むとの調査分析結果

市場低迷下でも「業務の可視化・改善サイクル」が好業績を産むとの調査分析結果

日本BPM協会は、プロセス志向イノベーション推進会議とともに、昨年秋に日本の主要企業約2500社の業務改革部門、経営企画部門に対し「業務の可視化・改善力に関する実態調査」を実施し、257社から有効回答が得られている。

すでに、昨年12月25日にその速報を発表し、「プロセス志向の土壌」が豊かな企業はITを活用して好業績をあげていることを実証したが、その後日本BPM協会にてさらに分析を進め、つぎの3つの興味深い特徴を見出したという。

(1) 市場低迷下でも「業務の可視化・改善サイクル」を回す企業の4割強は好業績を実現する。

(2) 「業務の可視化・改善サイクル」が回る企業の5割強はプロセス志向土壌が豊か。

(3) ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)を実施している企業の8割強は、「業務の可視化・改善サイクル」のレベルが高い。

その発表内容の詳細は、ここ (PDF)

広告
カテゴリー:BPM
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中