ホーム > BPM > 説得力のある経産省のIT経営ロードマップ

説得力のある経産省のIT経営ロードマップ

経産省は本年6月25日に「IT経営協議会の発足」と「IT経営ロードマップ(案) 」をMETIのWebサイトに掲示した。このIT経営ロードマップの狙いについて紹介したい。

ショック(問題提起):

レポートの3ページの「IT投資水準の国際比較」をご覧いただきたい。図表1-4の「国別IT投資マインドランキング」では日本は先進国(G7)中で最下位なのである。さらに、新興国を含む主要21カ国中でも最下位である。これは経営課題とIT投資目的がミスマッチしている日本のIT投資実態を如実に表している。

問題の原因分析:

企業のIT化ステージを4段階分け分析してみると約70%の企業がステージ2までの部分最適段階にとどまっており、「部門の壁」を超えて全社最適段階に移行している企業は、約30%にとどまるという。

図表1-7 日本企業のIT化ステージの状況


さらに、日米韓企業のITステージ状況を比較すると、米国では全体最適段階に移行した企業が50%を超えているという。

図表1-9 日米韓企業のIT化ステージ状況


対応策:

本レポートでは、「3割企業」の成功要因を明らかにし「7割企業」の底上げを図るため方策を提示しており、経営・現業・ITの融合によるIT経営を定義したうえで、「情報」と「業務」の見える化、共有化、柔軟化の手順でIT経営を実現させるロードマップを提案している。

「部門の壁を超える」情報システム:

情報システムを「部門の壁を超えて」企業内で最適に活用するステージ3へ取り組み方策は、まさにプロセス指向のBPMアプローチを言っていると私なりに解釈した。

去る10月29日に米国のゲイリー・ラムラー(Dr. Geary Rummler)が亡くなったそうだ。ゲイリー・ラムラーは日本では有名でないが1990年代に”
Howto Manage the White Space on the Organization Chart” (組織間の空白域を管理する方法)の著書を表し、BPMの基礎を作った一人である。「部門の壁を超える」情報システム=”Managingthe White Space”は、米国では10年以上前に提唱されていたものである。

広告
カテゴリー:BPM
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中