ホーム > プロセスモデリング, BPM, BPMN > BPMNプロセスモデルのデータ交換Hub ソフトウエアの登場

BPMNプロセスモデルのデータ交換Hub ソフトウエアの登場

ビジネスプロセスモデル交換ツールの専門ソフトウエアベンダであるドイツのTransWare社は、今年4月に”BPMNプロセスモデルの交換Hub”を発表した。同製品はベンダごとに異なるさまざまな表記のビジネスプロセスモデルをWfMCが標準化したXPDL 2.0 (ビジネスプロセスモデル交換フォーマット)に変換しBPMN準拠のワークフローエンジンで再利用可能にするものだ。この動きは既存のプロセスモデル資産をBPMで再利用したいユーザニーズに応えるもので、大いに期待したい。

同社は、ARISのEPC図をMS Visioに変換しVisioを使ってEPC図を設計できる製品群を持っており、EPC to BPMNの変換ツールもここ1年以内に登場するだろう。また、”Moving from Yesterday to Tomorrow: connecting different Business Procee Modeling Platforms and Methodologies”という表題のWhite Paperを発表しており、異色のソフトウエアベンダである。

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中