ホーム > BPM > 意外に高いBPMの認知度

意外に高いBPMの認知度

「SOA」と「BPM」のキーワードでGoogleページ検索を行うと下表のヒットページ数が得られる。このページ数をキーワード認知度に置き換えた場合、日本国内でのBPMに関わる認知度は世界全体に比べ極端に小さいことが分かる。


表1.グーグル検索のヒットページ数2006/12/13
現在)

キーワード

1.
ウェブ全体

2.
日本語ページ

日本語ページ率
=2./1.

3.SOA


37,800,000


1,930,000

5%

4.BPM


16,000,000


97,100

0.6%

4./3.

42%

5
%

 -

しかし、日経BPが企業情報システム担当者に対し実施した「キーワードの認知度・業務への影響・利用状況」の2006年10月調査結果によると、「BPM」は、意外にも「SOA」とほぼ同等の認知度、利用状況を示したという。

昨今、欧米のソリューションプロバイダーやツールベンダは、キーワードを「SOA」からユーザー企業にとって導入メリットが理解しやすい「BPM」に変えつつあるが、日本国内では「BPM」に企業情報システム担当者の関心が高まりつつある反面、ソリューションを提供する側のプロバイダーは未だに「SOA」中心の情報発信に終始しているきらいがあり、この違いがこれらの統計に現れているのではないか。<岩田研究所>

参考:

日経BP「キーワードの認知度・業務への影響・利用状況」2006年10月調査結果:

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061113/253523/?ST=enterprise

広告
カテゴリー:BPM
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中